擁壁にはどんな種類がある?

擁壁と言ってもいろいろな種類があります。大きくわけると、RC擁壁とブロック擁壁、石積み擁壁などに分かれ、一般的には、コンクリートの擁壁が推奨されます。ただし、擁壁を施工する立地条件・予算に合わせて最適な工事方法が選ばれます。下記にそれぞれの擁壁の種類と特徴などを紹介するので、擁壁工事を依頼する前に、ぜひ確認しておきましょう。


<擁壁の種類リスト>

材質・構造 タイプ 場所 特徴 現行基準に適合しているか?
RC造(コンクリート擁壁) 逆T形
様々な立地条件に対応可能 隣の土地との境界に余裕のある敷地に設置されます。擁壁自体の重さと底版上部の土砂の重量により土圧に抵抗する擁壁です。 適合している
L形
様々な立地条件に対応可能 隣の土地との境界に余裕がない場合に使われる形。つまさき版を設けることができない場合に使われる。 適合している
逆L形
様々な立地条件に対応可能 壁の背後に障害物がある場合などに使われる。かかと版を設けないのが特徴。 適合している
重量式
様々な立地条件に対応可能 無筋コンクリートが使われることが多い。石積みやレンガなどで作られる場合もある。 適合している
もたれ式
山岳道路の切土など、背後の地山が安定している場所に設置される 無筋コンクリートが使われることが多い。石積みやレンガなどで作られる場合もある。 適合している
間知ブロック擁壁 間知ブロック擁壁
住宅地などの高低差が大きい場所に設けられる 現行の基準を満たしていれば、高さ5mくらいまでの擁壁を設置できる。 適合している
大谷石(おおやいし)積み擁壁 大谷石積み擁壁
1950年〜1960年代に建設された建物に設置された擁壁に多い 見た目の味はあるが、風化しやすく、時間が経つとともに劣化しやすい。 適合していない
空石積み擁壁 空石積み擁壁
高低差が少ない場所に設けられる。高低差が大きい場所に設置されると、崩壊する危険もある 壁自体の強度が低い。
高低差があまりない場所や背面の土が安定している場所に設けられていた。
適合していない
二段擁壁 二段擁壁
コンクリート(RC造)擁壁や間地ブロック擁壁の上部にコンクリートブロック擁壁が設置されている。住宅地などに多くみられるが、宅地造成等規制法上は、違法である。 コンクリートブロックの背面が、盛り土や埋土の場合、非常に危険。大きな土圧がかかると崩壊の恐れがある。 適合していない

擁壁工事を検討されているなら

このサイトは、あなたに代わって複数の擁壁業者とやり取りをし、最適な業者をご紹介致します。複数の業者に見積り・提案依頼することで、匿名のまま、最適な価格で、優良な業者の提案を受けることができます。

このページのトップに戻る